banner

設立登記の手順

合同会社の設立登記の手順について


会社組織には色々な形が存在しています。最も知名度が高く一般的な会社組織というのはおそらく株式会社になります。数そのものも非常に多く、日本を代表する会社の形と言っても言い過ぎではありません。しかしそんな株式会社に比べ、より簡単に会社設立することが出来る会社組織の形があります。その名前を合同会社と言います。合同会社は株式会社に比べて少ない資金で会社を設立することが出来るのが特徴ですが、設立後にもあらゆる側面で株式会社よりも規制が緩いという特徴を持っています。そのあたら胃の特徴がメリットになるのであれば合同会社を選択するのも一つの方法です。しかしデメリットもありますのでこれから会社を作るのであれば良く考えて行動する必要があります。
まず合同会社を設立しようとする場合には、所轄の法務局に提出する書類を揃えなければなりません。この手続きは法人登記と呼ばれ、会社を作るための手続きを意味します。必要となる書類などは株式会社を作ろうとする場合とかなり似ています。主だったものとしては会社の概要を記した定款と印鑑証明、そして出資金として集めた事業資金である資本金の払込証明書です。これらを集めて正しく法務局に提示することが会社設立には必要なことなのです。
なお、合同会社の場合には定款が非常に簡単に処理することが出来ます。株式会社の場合には定款は作成した後で公証役場に持ち込み承認を得る必要があります。しかし合同会社の場合にはその様な手続きは不要になるのです。そのため公証役場に提出する定款の作成にかかる経費と承認を得る場合に必要になる収入印紙を必要としません。その分安く会社を作ることができるという特徴があります。
印鑑証明に関しては新しく会社を作る場合に新規で作成するのが一般的です。そのための印鑑は印鑑を取り扱う文具店などでオーダーする必要があります。ある程度の規模のお店であれば起業用の印鑑セットを取り扱っている商店も珍しくはありません。比較的時間がかかるものですので十分な、余裕を持って頼まなければなりません。
印鑑が準備できたら資本金を準備しなければなりません。企業を作る場合、自己資金だけではどうしても限界があるのもです。そんな場合に魅力的なのが多くの出資者を募ってお金を集めるという手順です。これにより自分一人では準備できない大きな資金を借り入れ、それを資本金として登録することも出来ます。資本金の額には制約はありませんが、良く注意するようにしましょう。

Copyright(c) 2014 合同会社の設立って難しいの?All Rights Reserved.